【仙台】東北の都会!!仙台に実際に住んで感じたこと

こんにちは!なんです^^
今回は昨年まで住んでいた仙台市についてご紹介したいと思います。

仙台市とは?

仙台市は宮城県の県庁所在地ですよね。
私たち東北人は「東北の東京」と勝手に呼んでいましたが、
それだけ東北では発展している都市です。
東京にあるお店も東北に出店するならとりあえず仙台!
みたいな風潮があると思います。

そしてそして、、、仙台といえば!!牛タン!!!ですよね?
仙台は海も近いので海鮮も美味しいですが、
やはり忘れちゃいけないのがこの牛タン!
仙台に住んでいるとなかなか食べる機会は少なかったですが
友達や家族が遊びに来たときにはとりあえず牛タンを食べていました。
仙台の牛タンはなんと言っても厚みと弾力が違います!
他にも仙台といえば伊達政宗や松島などなど、
都会といえども歴史もしっかりある都市です。

仙台の良いところ

・とにかく住みやすい!
これまで合計6回県を越えた引越しをしてきた私ですが、
そのなかでも断トツで仙台は住みやすかった都市です。
東京ほど人が多くないのに、都会的でお店もたくさんあります。
駅ビルに行けば東京のルミネと変わらないくらいお店も入っているので、
物足りなさを感じることはありませんでした。

そして電車!!めっちゃ空いてる~~~><
東京で満員電車での通勤を経験していたので、
仙台の電車に乗ったとき、え、体がぶつからない!
え、え、無理にぐいぐい押してくる人がいない!!と
感動したのを未だに覚えています。
それだけでも仙台に引っ越してきて本当に良かったなと思いました。

夏はそこまで暑くもなく、冬はもちろん寒いですが雪が積もるわけでもないので
冬でも余裕で自転車を乗り回していました。
時々積もることもありましたが、
雪かきが必要なレベルで積もることはありませんでした。

・アットホームなお店が多い

ここでおすすめしたいのが「いろは横丁」という昭和レトロが漂う横丁です。
もともとは会社の先輩に連れて行ってもらったのがきっかけでしたが、
横丁の雰囲気が好きで一人でもよく仕事終わりにご飯を食べに立ち寄っていました。
「いろは横丁」は一つ一つのお店がとても小さく、アットホームな雰囲気のお店ばかりです。

東京に住んでいた頃は特にお気に入りのお店や行きつけもありませんでした。
そう思うとふとしたときに女性が一人でふらっと、
ただいま~って感じの距離感で入れるお店って貴重ですよね。
本当に楽しい生活を送っていたな、私。。。

仙台の悪いところ

・慣れるまで人との距離感がある
東北人あるあるなのでしょうか?
仙台に限らず、東北の人はよそ者には厳しいイメージがあります。
私は東京から引っ越した身ではありましたが、
もともと福島出身ということもあり、
馴染むまでにはそんなに時間はかかりませんでした。
しかし、同じタイミングで入社した東京からやってきた東京出身のお姉様は
受け入れてもらうまでかなり時間がかかっていました。
受け入れてもらえれば、そこからの関係性はめちゃめちゃ良好でしたが、
それまでの時間はしんどかったと思います。
東北人は保守的なんだなぁと実感しました。

・車がないと移動が大変
さきほどから都会、都会と騒いでおりましたが、
やはりここは東北。車社会なんです。
電車や地下鉄は発展はしているんですが、
なんせ東京に比べて宮城県はでかい!
電車や地下鉄で網羅できる面積じゃないんです。

そのため仙台で暮らすのであれば運転免許は必須です!
ましてや仙台に引っ越して転職したい!なんて考えている方がいたら尚更ですね。
私もペーパードライバーでしたが、仙台に引っ越したことをきっかけに
運転するようになり、今では車なしの生活には戻れなくなりました(笑)
車、最高です。

できることならずっとずっと仙台で暮らしていたかったのですが、
結婚が決まり、泣く泣く仙台を離れました。
仙台を離れてからも仙台に帰りたい。。。と旦那に泣きつくこともありました。
それだけ私至上、一番住みやすい街だったんです。
許されるのであれば仙台にお家を買って永住したい。。。
あわよくばまだそんなことを考えています。

都会での生活に疲れた、でも田舎で暮らす勇気もない。なんて方に
仙台はもってこいの街だと思います。
まだまだ語りつくせない仙台の魅力はまた次の機会に取っておこうと思います。

今回はここまで!
以上、なんでした~~~!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました