大豆田とわ子と三人の元夫 第2話 ネタバレと感想

ドラマ

大豆田とわ子と三人の元夫の第2話が放送されました。

さっそく第2話のネタバレと感想、考察をご紹介していきたいと思います。

大豆田とわ子と三人の元夫 第2話 ネタバレ

最初の元夫・田中の店に2番目の元夫・佐藤と3番目の元夫・中村の3人が集結。

そこへたまたまとわ子と娘の唄も来ており、いつも通りの憎まれ口を叩く中村だったが、どんなに嫌がられても気にせずとわ子に向かっていく佐藤に対して少し羨ましさを感じていた。

 

いつも饒舌に憎まれ口をたたく中村だったが、公園で出会った小谷翼には「僕には人を幸せにする機能が備わっていない」と弱音をもらす。

 

中村は実はパンダが好きという可愛い一面や、自分で「大丈夫」と言い聞かして強がってしまう一面もあり、憎まれキャラからのギャップがすごい。。。

 

ある日、とわ子が取引先から高級な卵をもらったことを唄に報告すると、唄がすぐさまインスタに投稿。

そこに元夫3人からイイネがつき、とわ子の家で春のすき焼きパーティーが開催される。

各々が持ち寄った材料ですき焼きをスタートさせたが、肝心の肉がない。

とわ子以外の全員で肉を買いに家を出るが、慎森が外でとわ子が捨てたソファを見つける。

それは結婚当時の二人の思い出のソファだった。

慎森はとわ子の元へ戻り、まだとわ子のことを忘れられないと本音をぶつけるもとわ子は終わったことだと突き放す。

 

とわ子の家を後にした慎森だったが、公園で出会った翼に励まされ、もう一度とわ子の元へ戻る。

するととわ子が近隣トラブルに巻き込まれ、パトカーに乗せられるところを目撃。

何があったかわからず、必死に追いかける慎森。

いつもの冷めた憎まれキャラから脱し、とわ子への熱い気持ちが前面に出たシーンでしたね。

次の日、とわ子と慎森が二人でカフェに訪れ、「別れても今でも一緒に生きていると思っている」とわ子に言われる。

 

慎森の中でやっと気持ちの整理がついたようでした。

 

その頃、2番目の元夫・佐藤は仕事で出会った女優・古木美怜からLINEでアピールを受け、カレーを食べに来ませんか?と家に誘われる。

実際に家に行くと台本の読み合わせの相手役をさせられたのだが、なんだかいい雰囲気に。。。

 

一方、最初の元夫・田中は親友に彼女を紹介すると言われ、彼女と紹介されたのは第1話で目を奪われていた三ツ屋早良だった。

後日、早良は一人で来店し、八作と6秒間見つめ合う。こちらもなんだか怪しい雰囲気に。。。

 

大豆田とわ子と三人の元夫 第2話 感想

第2話も期待を裏切らない面白さでした。

八作のレストランに元夫達が集結したときはいつの間に仲良くなったの!?ってなりましたが、

3人の掛け合いがたまりませんでした。

そこでの八作の「女性の過去になれると幸せじゃないですか」って。

名言出た。

松田龍平が言うからかっこいいんだ。。。

 

第2話は慎森がメインの話でしたが、憎まれキャラからのいきなりド直球の素直発言とかギャップが可愛かった~

 

にしてもこのドラマの一言一言のセリフのセンスよ!!

今回一番笑ったのは、とわ子が慎森に向かって「離婚した夫に!離婚した夫に!」っていちいち離婚したって頭につけることに腹を立てて、「いちいち死んだマグロ美味しい、死んだエビ美味しいっていう!?」っていう返し。これ考えた人すごいなって冷静に思ってしまった。。。

 

久々に来週が待ち遠しくなるドラマに出会った!!!

 

来週も楽しみだな~~~^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました